墓地の永代使用料で知っておきたいことや指定石材店制度について

墓づくりをする場合の価格を参考にする場合に知っておきたいことがいろいろあります。

墓石の相場もありますが、それ以外も金額も必要になります。

ポイントになることを幾つかご紹介しておきましょう。

その上で優良石材店に相談するといいでしょう。

■墓地の永代使用料で知っておきたいこと!

お墓を建てる場合に必要な金額に永代使用料があります。

これは墓地の区画にお墓を作る権利を得るための費用のことを指します。

最近は少子化になっていますから、墓地の多くがお墓を継承する人がいなくなっています。

その場合は土地を返さなければならない契約になっています。

永代使用料は「永久」とか「永遠」の意味ではありません。

相場として安い場合で30万円前後で一等地にある墓地や格式の高い寺院の墓地では200万円以上の場合も珍しくありません。

解りやすい例であげれば、旅行で宿泊するときにビジネスホテルに宿泊するのか高級ホテルに宿泊するのかの違いです。

ブランド力のあるところのホテルの宿泊するのは、それなりの料金が必要になります。

平均相場では70万円前後といったところでしょう。

人それぞれの価値観によって違います。

■指定石材店制度があるのかないのかも注意してください。

寺院墓地にありがちですが、そこにお墓を建てられる石材店が決まっていることもあります。

他の石材店が出入りできないこともあり、これが指定石材店制度です。

民間霊園の大部分も指定石材店を決めています。

霊園を作るときに出資してくれた業者を中心にして特定の石材店が指定されていますからその中で墓石を決めないといけません。