婚約指輪の情報サプリ

婚約指輪に対して女性が持っているこだわりの代表的な3つをご紹介しています。

婚約指輪はプラチナにする?ゴールドにする?

両親の時代は、婚約指輪はプラチナ、結婚指輪もプラチナがはやりましたね。

逆に、祖父母の時代はゴールドの指輪が好まれました。

最近のお店では、プラチナにするか、ゴールドやピンクゴールドにするのかを選ぶことができるところも多くなっています。

プラチナは、採取した時から淡い銀色をした金属で、ゴールドは黄金色をしています。

これらはジュエリー加工に必須の柔軟性を持つ金属で、プラチナは粘性といわれる粘り気が強い性質を持っています。

また、ゴールドも柔軟性を持っていて、ゴールドの柔軟性は展性という伸ばしやすい性質があります。

このことから、指輪にはプラチナやゴールドがよく使われています。

プラチナは、毎日使っていても色が変わることが無く、強度が高い、また日本ではゴールドよりもステイタスの高い金属とされています。

色も銀色なので、ダイヤモンドの輝きを一切くすますことのない金属です。

また、プラチナは粘性が強いのでじんわりと強い力がかかってしまうと、変形することがあります。

プラチナは加工がゴールドより難しいので、製作費を高くとられる場合があります。

ゴールドも、性質という面ではプラチナにひけをとらない金属ですが、ゴールドをプラチナと同じような色にみせる可能をした場合は、色戻りしてしまう場合もあります。

色は白(銀色)、ゴールド、ピンクなどに加工ができます。

色をゴールドやピンクゴールドにした場合は若干黄色味がかかるので良い品質のダイヤモンドにはもったいないかもしれませんね。

婚約指輪を選ぶときには、土台のデザインだけでなくどの金属にするかを選ぶのも非常に楽しいですよ!


Categorised as: 婚約指輪の素材

Comments are disabled on this post


Comments are closed.