指定石材店制度のトラブルとお墓づくりの相場

墓地を決める場合に注意したいことは指定石材店制度があるかないかです。

その指定石材店が優良石材店であればいいですが、悪質業者/悪徳業者の場合は墓石の相場が高かったりします。

他の墓石の相場と比べてみたら明らかに高かったりします。

石の品質もありますが、極端に差がある場合は注意をしましょう。

■指定石材店制度のトラブル

お墓づくりを進めると、どこの墓地にするのか、どこの霊園にするのか、土地の確保の問題がでてきます。

永代使用料に目を向けがちですが、指定石材店制度がある場合は見学に行ったときに、石材店が決められているかどうかを確認したほうがいいです。

1社に決められているならば比較検討もできません。

こういったことから、最近は安心できる石材店を先に決めてからお墓づくりを進める方々も増えています。

■寺院の場合にかかる相場

寺院の場合は永代使用料・管理費・墓石以外にかかる費用があります。

檀家になる「入檀料」・法要の都度3万円から10万円ほどの「お布施」・寺院を維持するための費用として「護持会費」・寺院の改修や新築への協力金の「寄付金」などがあります。

■公営霊園の場合にかかる費用

霊園使用料以外に、管理費が必要ですが、1年で数千円から1万円程度ですからとても安いです。

これは公共の福祉施設だからです。

■共同墓地の場合にかかる費用

自治会・町内会に属している人が共同で墓地を管理する方法ですが、新しく区画を募集しているケースはほとんどありません。

■お墓づくりの相場

一般的な相場は200万円から220万円ほどです。

一生に一度の買い物ですが高額です。

イニシャルコストとランニングコストをしっかり調べておきましょう。

●その他、お墓にまつわる疑問についての記事を見つけました。⇒お墓の購入にまつわる5つの疑問 姓が違っても一緒に入れるか│NEWSポストセブン